サイクルショップよしだの歴史と想い・・・

昭和2年創業の 走輪舎 斉藤自転車店 に 祖父 吉田進は 番頭頭として勤める やがて世代交代の時期になるが 斉藤さんのご子息は

家業を継がず その暖簾を 吉田が受け継ぐことになり 走輪舎 吉田自転車店が誕生する(斉藤から吉田に替わった時期は不明)

 

その 吉田進 は 職人でありお客様が 「壊れたから買う」というものを「修理すれば使える!」となかなか物を売らなかったそうだ

そんな 職人も病には勝てず 49歳の若さで亡くなる・・・ ということはもう少しで 爺さんが死んだのと自分の年齢が近くなってきた

 

二代目 吉田 孝昭もまた同じ時期に病床に臥す ほぼ二代目として活躍することもなく わが父 三代目 吉田 潔は 中学三年生で 走輪舎吉田自転車店を 継ぐことになる 

 

中学生の自転車屋は まだ仕事もあまりできず 斉藤自転車店で 弟弟子であった 井戸氏に大変助けられ 苦難の時期を乗り切る その後結婚し 吉田ひろし(現 代表取締役)が誕生する

 

祖父 吉田進の時代は 木場の材木屋と門前仲町 界隈の商売屋の自転車を修理販売することが主な仕事

 父 吉田潔の時代は 一家に一台からひとりに一台の時代へ 誰もが所有する時代に移り変わる 

そして 商売のスタイルも 走輪舎吉田自転車店 →吉田自転車店 →サイクルショップよしだ と名称が変わる

吉田ひろし が家業を継ぐころになると スポーツ自転車の販売することに徐々に力を入れ始める そして2000年9月 個人事業から

法人化し 祖父が斉藤さんから頂いていた屋号 走輪舎を会社の称号とすることにし 「有限会社 走輪舎」が誕生する

 

有限会社 走輪舎 は 祖父の意志でもある 良いものをしっかり使ってもらえるよう 本物を販売することを基本とし その本物を使って

もらって初めてその価値が発揮される という理念のもと ライドイベントにも積極的に力を入れている

 

そして 2017年4月 別館を設立 時代の流れで 今までのショップではできなかった商売を コンセプトを分けることにより各々の

良さをご提供できるよう 常に変化していくショップである

 

文責 吉田ひろし(2017/4/11)